転職に失敗しない面接(自己PR・志望動機)方法

失敗しない自己PRは企業分析!!!

自己PRで大事なのは、応募企業がどんな人物・能力を求めているかを分析し、応募企業のニーズにあった自己PRをすることです。

例えば携帯電話会社の3社で考えて見ます。
ドコモとauとソフトバンクの3社を受けたいと考えたときに、同じ内容の自己PRでは、絶対に100%受かりません。
その理由は、3社とも特色やどんな人物・能力を求めているかが違うからです。

ドコモなら「堅実さ」「勤勉さ」をアピールします。
(例)過去のプロジェクトを分析し、失敗率・リスクの少ない事例の共通点に注目しながら、常に仕事に取り組んでいます。

auなら「クリエイティブさ」「ファッショナブルさ」をアピールします。
(例)企画を立案する上で、どうすれば人の目や注目を浴びるかという視点に一番注目し、常に仕事に取り組んでいます。

ソフトバンクなら「ユニークさ(独自性)」「NO1よりONLY1」をアピールします。
(例)誰もやっていないこと・新しいことに挑戦する姿勢を持ち続け、常に仕事に取り組んでいます。

自己PRは企業によって変えよう!!!

テレビCMを見ても3社の違いは一目瞭然です。
同じ携帯電話会社でも自己PRの内容は変えなくてはなりません。
それは、企業によって求めている能力や人物像が違うからです。
そしてその企業ごとのニーズを把握するには、企業分析をしなくてはいけません。
そして企業分析をする場所は、「企業の募集要項」「求人票」「仕事の内容」「必要な経験・能力」「会社の特色」項目です

ポイントは、募集企業がどんな能力・人物を求めているか?を考え、その企業ニーズに応える自己PRをすることです。
そして、その企業ニーズの内容を、自分のもっている能力と照らし合わせ、アピールします。
その企業は何を求めているかを考え、自分の持っているどの能力をアピールすれば、その企業のニーズに応えられるかがポイントです。

ですから、自己PR(自己紹介)は企業によって変えます。
企業分析をし、企業のニーズを把握し、そのニーズに応えれる自己PRを面接でアピールするのが、失敗しない自己PRの方法です。
遠回りのようですが、この方法が失敗しない転職活動の一番の近道です。

転職に失敗しない面接(自己PR・志望動機)方法とは?メニュー

転職に失敗しない面接(自己PR・志望動機)方法とは?リンク